ConvoTrack

スポンサーサイト

  • 2010.05.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
  • はてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


Naquele Tempo/Pixinguinha & Benedito Lacerda

iTunesでご購入の場合はこちらから Orquestra Bras?lia - Pixinguinha - Naquele Tempo


アルバム『Pixinguinha』に収録。
タイトルの「Naquele Tempo(ナケーリ・テムポ)」はポルトガル語で「あの頃」という意味。

19世紀半ばにリオデジャネイロで生まれたスタイルで、ヨーロッパの音楽とアフリカのリズムが融合した、即興演奏を重視した音楽・ショーロ
そのショーロの演奏家・作曲家であり、【ブラジル音楽の父】と呼ばれているのがPixinguinha(ピシンギーニャ)
彼の功績を称えて、彼の誕生日4月23日は「ショーロの日」に制定されているそうです。

この曲は、そのPixinguinhaとショーロ史上最高のフルート奏者と呼ばれるBenedito Lacerda(ベネジート・ラセルダ)が1946年に録音したもの。
主旋律を奏でるベネジートのフルートに、ピシンギーニャのテナーサックスが絡む、軽快でありながらも哀愁漂うムーディーな曲。

ブラジルのショーログループが演奏した動画をYouTubeで観ることができます。(こちらはピアニカが主旋律を担当)
こちらで試聴できます。【YouTube】


JUGEMテーマ:音楽, 今日の一曲

profile
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
hatena bookmark
tag
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links