ConvoTrack

スポンサーサイト

  • 2010.05.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
  • はてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


Lovin' You/Minnie Riperton

ミニー・リパートン
EMIミュージック・ジャパン

iTunesStoreでご購入の場合はこちらから ミニー・リパートン - Perfect Angel / Adventures In Paradise - Lovin' You


1974年リリースのアルバム『PERFECT ANGEL』に収録。

日本においても絶大な人気を誇るラブソングで、結婚式のBGMに使われることも多い曲ですが、実はMinnie Riperton(ミニー・リパートン)が自分の子供のための子守歌として作ったもの。
イントロからさえずり続ける小鳥の鳴き声は、庭で子守をしている時の状況を再現しているのだそうです。

こちらで試聴できます。【YouTube】

「Lovin' You」の歌詞はこちらから。


ミニーの優しく愛に満ち溢れた歌声とその歌声を包み込むようなエレピのバッキングがステキ・・・
 
と思っていたら、なんとこのエレピはStevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)が弾いているそうで!!
(『El Toro Negro (エル・トロ・ネグロ、スペイン語で「黒い雄牛」)』という名前でクレジットされています。)
 
長く不遇時代を過ごしていたミニーを一躍スターにしたこの曲を含むアルバム『PERFECT ANGEL』を、スティーヴィー・ワンダーがプロデュースしていたことは知っていましたが、ほぼ全曲で何かしら演奏しているということはまったく知りませんでした。不勉強でした。
(まぁ、冷静に考えてみれば「至極、当然のこと」という気もするんですが。)
 
Wikipediaの記事によると、ミニーとスティーヴィーの出会いには次のようなエピソードがあったそうです。

スティーヴィー・ワンダーは、ヒット曲に恵まれなかった時期からミニーの歌を聴いており、ミニーには注目していた。
スティーヴィーのライヴ会場で、ミニーがスティーヴィーの音楽に対する思いを語ったが、スティーヴィーはミニーのことをファンの一人としか思っていなかった。
ところが、社交辞令的に名前をきいてみると、その女性こそ自分が注目していたミニーだったことを知り、スティーヴィーの方が驚き、賞賛の言葉を贈ったという。

もしかしたら、彼女の子供だけに向けられたままだったかもしれないこの歌が、スティーヴィー・ワンダーという大きな存在に出会うことによって、世界中の人々に届けられて、長く愛される歌になったということを考えると、やっぱり神様はこういう人を埋もれたままにはしておかないんだな〜という気がします。


JUGEMテーマ:音楽, 今日の一曲

profile
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
hatena bookmark
tag
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links